CFF奨学金チーム ◎ パンガラニティ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本は強い国」ではなく「優しい国」になると良いな

<<   作成日時 : 2011/04/04 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、ゆうやです。

この震災が起こった後、駅を歩いていると多くの人が募金活動をしていたり、芸能人やアスリート等が活動をしているのをニュースで観たりします。
3月29日には、「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチがんばろうニッポン!」日本代表vsJリーグ選抜のチャリティーマッチがありましたね。

サッカー好きのオレとしてはとても興味深い試合でした。
練習を公開して募金を募ったり、試合当日も募金を募ったことで2231万円も集まったそうです。
これに、チケットの料金、選手の私物オークションなどが上乗せされるのでかなりの額が義援金として送られることになります。

今回のチャリティーマッチは成功したと言って良いのではないでしょうか?

スタジアムにも被災地へのメッセージを書いている観客が多く、温かい雰囲気だった様に見えました。
お金と共にこの試合の雰囲気や気持ち、願いが被災地に届くと良いなと感じました。


そして、今日TVで新しいサッカー番組を観ていたら元日本代表の中田英寿がこんなことを言っていました。

「この様な活動は素晴らしいし、続けていって欲しい。
それに、節電も募金もチャリティー(マッチ)もこの震災が起こったから行われているが、毎年行っても良いわけで。
ブラジルやヨーロッパでは、シーズンオフにチャリティーマッチが、毎年多く開催される。
チャリティーの内容は自分の国で起こっている問題だけで無く、海外の問題であったりもする。
ブラジルでは、クリスマスにチャリティーマッチが行われることが多く、
毎年多くの人が試合をみて、募金等をしている。」と言っていました。

クリスマスにチャリティーをする文化がブラジルにはあるんですねー
「クリスマスだしディズニーランド行こう!」という感じで「クリスマスだしチャリティーマッチに行こう!」と言う会話が日本の反対側で交わされていると思うとなんだかうれしい気持ちになります。

観客の目的はサッカーを見ることかもしれませんが、チャリティーの内容(問題)を知る機会になります。
機会があることが大切なんです。

今の日本の「チャリティーのある風景」がこれからも続いてほしいと思いました。
そして、募金をする側も今の気持ちを忘れないと良いなと思いました。

下の動画はこの前の日本代表とJリーグ選抜の試合の動画です。
BGMは被災地でボランティア活動を続けるMONKEY MAJIKというバンドだそうです。



日本代表キャプテンの長谷部が「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」という自己啓発本を出したそうです。
アマゾンの評価を見るととても評価が高いこの本の印税は全額義援金になるそうです。

アフィリエイトで購入してフィリピンと日本の両方をハッピーにしませんか?

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
幻冬舎
長谷部誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキングに参加しています。
ひとポチお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本は強い国」ではなく「優しい国」になると良いな CFF奨学金チーム ◎ パンガラニティ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる