CFF奨学金チーム ◎ パンガラニティ

アクセスカウンタ

zoom RSS 児童労働を考えた日 @ ACEフットサル大会

<<   作成日時 : 2007/06/05 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こんにちは、パンガラッパーのみーです!

先週末、CFFでつながる仲間と一緒にACEフットサル大会に出場してきました

画像


みんなで一生懸命になってボールを追いかけ、
声援を送り、すごく楽しい1日でした!!

この大会を主催したACEという団体は、
児童労働をなくすために活動しているNGOです。
そう、今日の大会はチャリティーフットサル大会だったんです☆
大会には30以上ものチームが集まり、子どもも女性もおじさんも青年も、
みんなが楽しそうに試合に臨んでました。

私も初めて知ったことなのですが、
世界の子どもの5人に1人は、児童労働にあっているとか。
その多くがアフリカやアジア地域。

子どもが働きに出なきゃいけないということは、
同時に教育を受けるチャンスも与えられていないということになる。
教育を受けないで育った人は、社会でも弱い立場に回り、
結局その子どもも教育を受けられない。

児童労働と教育。 どちらも世界の子どもを取り巻く環境。

学校へ行く代わりに仕事をして、日々を生き抜く子どもたち。
今日ニコニコ顔でフットサルをやっていた、日本の少年たち。

その差っていったい何なんだろう?



ブログランキングに参加しています。
ひとポチお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『差』かぁ。。。
何だろうね。

生まれ持った人間としての『差』なんてないんじゃないかなぁ。
偶然、その国に、その環境に生まれただけ。(偶然は必然だってよく言うけど…。)
だから、私はたまたま日本に生まれただけ。たまたま恵まれた環境に生まれただけ。だからこそ、そのことに感謝して生きて行きたいし、自分の人生も楽しみつつ自分に出来る事をして行きたいなー。みーんなとHAPPYでありたい。そしたら私の人生はとてつもなく幸せです。
massun
2007/06/06 13:23
うん、そうなんだよね。うちもその子ども自身に「差」なんてないと思ってる。
じゃあたまたまそういう環境に生まれたから仕方ないって、そんな簡単に片付けられる問題でもないよね。

「みーんなとHAPPYでありたい」

すごく素敵な想いだね。
mie
2007/06/07 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
児童労働を考えた日 @ ACEフットサル大会 CFF奨学金チーム ◎ パンガラニティ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる